So-net無料ブログ作成
検索選択
ETF一覧 ブログトップ

【VYM】信託報酬0.09% 業種分散と高配当が特徴 バンガード・米国高配当株 ETF [ETF一覧]

■【VYM】信託報酬0.09% 業種分散と高配当が特徴のETF バンガード・米国高配当株 ETF
【VYM】は、高配当なETFです。同じ高配当株式ETFでエネルギー銘柄に偏りのある【HDV】と違い、業種分散がされたETFという印象です。保有コストも年率0.09%という低さです。

■基本情報
ティッカーコードVYM
運用会社バンガード
設定日2006/11/10
分配月3、6、9、12月
分配利回り約3.1%
保有銘柄数433
投資対象国アメリカ
信託報酬等含むコスト0.09%(年率)


■様々な業種へ分散投資されたETF
業種割合(%)
消費財15.50
金融14.50
テクノロジー13.60
ヘルスケア12.10
資本財12.10
石油・ガス10.00
公益7.80
消費者サービス6.20
通信サービス5.20
素材3.00


VYM業種.png

様々な業種にバランスよく投資している印象です。ここまでバランスよく業種が分散されていて、高配当というメリットが享受できます。具体的な銘柄は、マイクロソフトやエクソンモービル、ジョンソンエンドジョンソンやP&Gなどの、誰もが聞いたことのあるような一流企業が名をつらねています。大型株でなおかつ高配当の企業を主に投資されたETFです。

投資上位10銘柄
銘柄割合(%)
マイクロソフト4.5
エクソンモービル4.5
ジョンソンエンドジョンソ3.8
ゼネラルエレクトリック3.3
AT&T3.1
ウェルズファーゴ2.7
JPモルガン2.6
ベライゾン2.6
P&G2.6
ファイザー2.5


株価はリーマンショック後、順当に上昇傾向
VYM価格推移.png
※yahoo financeより引用

上のチャートは、2006年11月から2016年3月までのVYMの株価推移です。業種の分散がなされたETFですが、リーマンショック時にはその株価は約50%もの下落をすることとなりました。
大型株が主要銘柄なので、値動きは市場の動きにほぼ連動していると言えそうです。

参考のため、VYM(赤線)とS&P500(青線)の値動きを比較してみました。
VYMvsS&P500.png
※yahoo financeより引用

値動きはVYMとS&P500でほとんど同じような動きをしています。S&P500のほうが成績が良さそうに見えますが、配当のことを考慮するとあまり投資成績は変わらないかもしれません。

配当を目的に投資するのにもおすすめな銘柄の一つです。
※投資はもちろん自己責任で

自動更新チャート
VYMチャート(現在値)

VYMチャート(過去1週間)

VYMチャート(過去3カ月間)

※上記チャートはyahoo financeより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【HDV】高配当株に分散投資 iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF [ETF一覧]

■【HDV】高配当株式への分散投資が可能 iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
【HDV】は、高配当な株式へ銘柄分散したETFです。エネルギー株が銘柄の中心となっています。

■基本情報
ティッカーコードHDV
運用会社ブラックロック
設定日2011/03/29
分配月3、6、9、12月
分配利回り約3.8%
保有銘柄数76
投資対象国アメリカ
信託報酬等含むコスト0.12%(年率)


■エネルギー、生活必需品、ヘルスケアが中心のETF
業種割合(%)
エネルギー20.26
生活必需品18.64
ヘルスケア16.20
情報技術13.01
金融7.56
公益事業7.38
電気通信7.30
資本財・サービス5.67
一般消費財・サービス3.64
キャッシュ0.26

HDV業種比率.png
エネルギー、生活必需品、ヘルスケアで約50%投資されたETFです。これらの業種は高配当の銘柄が多く、高配当ETFの銘柄にうってつけなのでしょう。また、生活必需品やヘルスケアは世界中で必要とされる業種であるため、下落局面にも強いとも考えられます。

株価はゆるやかで安定的な上昇傾向
HDV価格推移.png
※yahoo financeより引用

上のチャートは、2011年4月から2016年3月までのHDVの株価推移です。株価はゆるやかに上昇しているように思えます。高配当でなおかつ生活必需品やヘルスケアといった人々の生活に密接で必要な業種が組み込まれてるので、下落局面にも強いETFです。
しかし、最近では原油を中心としたエネルギー価格暴落の影響も少なからず受けたことでしょう。つい高配当に目がいってしまいがちですが、投資する際には変動の激しいエネルギー株式が20%組み込まれていることも考慮したほうが良いでしょう。

自動更新チャート
HDVチャート(現在値)

HDVチャート(過去1週間)

HDVチャート(過去3カ月間)

※上記チャートはyahoo financeより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【IVV】アメリカの代表的株価指数、S&P500に連動したETF iシェアーズ・コア S&P 500 ETF [ETF一覧]

■【IVV】アメリカの代表的株価指数S&P500に連動した投資ができる iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
IVViシェアーズ・コア S&P 500 ETFはその名のとおり、S&P500に連動したETFです。S&P500は、アメリカ株式市場の80%をカバーしており、このETFを持つだけでアメリカ全体に投資していると言ってもいいでしょう。アメリカ株で何を買うか迷った場合、とりあえずIVVを買っておけばいいのではと思います。アメリカ経済成長の恩恵を受けるにはうってつけのETFなのですから。
分配利率は米ドル建てで年利約2.5%とそこそこです。年率0.07%という信託報酬の低さも、本ETFの魅力です。

■基本情報
ティッカーコードIVV
運用会社ブラックロック
設定日2000/05/15
分配月3、6、9、12月
分配利回り約2.5%
保有銘柄500
投資対象国アメリカ
信託報酬等含むコスト0.07%(年率)コストはかなり低め


■様々な業種へ投資
業種割合(%)
情報技術20.08
金融15.55
ヘルスケア14.72
一般消費財・サービス12.66
生活必需品10.72
資本財・サービス10.09
エネルギー6.61
公益事業3.39
電気通信2.79
素材2.78

IVV業種比率.png
各業種への投資はグラフのとおりです。情報技術へ若干かたよりがあるのかなと思います。

保有銘柄の上位10社は、どれも聞いたことのあるような、世界に名だたる大企業ばかりです。
銘柄割合(%)
アップル3.18
マイクロソフト2.47
エクソンモービル2.04
ジョンソン・エンド・ジョンソン1.71
ゼネラル・エレクトリック1.63
バークシャー・ハサウェイ※1.45
フェイスブック1.39
AT&T1.35
P&G1.32
ウェルズファーゴ1.32

※バークシャー・ハサウェイとは、投資家なら誰もが耳にしたことのあるアメリカのウォーレン・バフェットさんが経営する金融会社です。

自動更新チャート
IVVチャート(現在値)

IVVチャート(過去1週間)

IVVチャート(過去3カ月間)

※上記チャートはyahoo financeより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【PFF】高利回りが魅力 iシェアーズ 米国優先株式 [ETF一覧]

■【PFF】iシェアーズ 米国優先株式は、安定した高利回りを求める人には最適なETFの一つ
【PFF】は、平常時の値動きの緩さ、利回り年率約6%の利率の高さから、利回りを求める投資家から人気のあるETFです。

■基本情報
ティッカーコードPFF
運用会社ブラックロック
設定日2007/03/26
分配月1~12月(毎月分配)
分配利回り約6%
保有銘柄282
投資対象国アメリカ、イギリス、オランダ等
信託報酬等含むコスト0.47%(年率)コストは少し高め・・・


■高利回りの実現は優先株式によるもの
優先株式とは、配当金を優先してもらえる代わりに議決権が制限される、もしくは議決権のない株式と言われています。簡単に書くと「配当金を多めに与えるから、株主総会で意見は言わせない」ってことみたいです。「議決権のない株式ってどうなの?」と、気にする方もいるのでしょうが、そもそもETF株式は保有しても個別銘柄と違い議決権がありません。ETFを中心に投資する人はそこまで気にすることもないでしょう。

■投資対象国割合はアメリカが約83%とアメリカ中心のETF
対象国割合(%)
アメリカ83.31
イギリス11.10
オランダ4.03
その他1.56

pffkuni.png
グラフからわかるとおり、ほぼアメリカに投資しているとETFと言えます。
(その他の国1.56%については情報が得られませんでした。)

■投資業種は銀行や保険等の金融中心のETF
業種割合(%)
銀行41.56
各種金融19.78
不動産13.35
保険9.16
その他(電気通信・エネルギー・公益事業・タバコ等)16.15

pffgyou.png
保有銘柄数が282と分散はまあまあなされているかと思いきや、業種の約70%が金融への投資となっています。そこまでバランスのいいETFとは言えないでしょう。その他の業種には電気通信やエネルギー、公益事業等の高配当な業種が含まれています。

投資されている金融業の中身を見ると、HSBCやCiti Bankなどの世界的にも有名な銀行へ投資がなされているようです。

■平常時の値動きはまったりしたものではあるが・・・?
pffchart.png

※yahoo financeより引用
上のチャートは、2007年3月から2016年1月までのPFF株価推移です。平常時の値動きの鈍さからか、債券的特性を持つと紹介されることもしばしばの当ETFですが、そのような認識で投資するのは要注意です。リーマンショック時には約60%もの大幅下落をしました。構成銘柄の約70%が金融のETFですから、金融危機には株価は大幅に下がる可能性があります。債券的特性を求めるのであれば、おとなしくBNDのような債券ETFに投資することをお勧めします。約6%の利回りが魅力的な利率であるのは確かなので、リスクを理解したうえでポートフォリオの一部に組み入れることも悪くないのでしょうね。

自動更新チャート
PFFチャート(現在値)

PFFチャート(過去1週間)

PFFチャート(過去3カ月間)

※上記チャートはyahoo financeより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【BND】アメリカ高格付け債券にバランスよく投資 バンガード・米国トータル債券市場ETF [ETF一覧]

■【BND】アメリカ債券にバランスよく投資、バンガード・米国トータル債券市場ETF
BNDバンガード・米国トータル債券市場ETFは債券ETFらしく値動きがとても穏やかなETFです。この安定した値動きは、株式市場が崩れるときに頼もしくあります。債券クラスをポートフォリオに組み込みたい方にも適したETFと言えるのではないでしょうか。利率は米ドル建てで年利約2.5%とそこそこです。
年率0.07%という信託報酬の低さも、本ETFの魅力です。

■基本情報
ティッカーコードBND
運用会社バンガード
設定日2007/04/03
分配月1~12月(毎月分配)
分配利回り約2.5%
保有銘柄7,701
投資対象国アメリカが主
信託報酬等含むコスト0.07%(年率)コストはかなり低め


■発行体格付けの約60%が米国政府
発行体割合(%)
米国政府64.1
Aaa5.9
Aa3.9
A12.4
Baa13.7
Baa未満0

BND発行体比率.png
米国債を中心に、発行体格付けBaa以上の債券に分散投資したETFです。7,701もの銘柄に投資された債券のうち、60%以上が米国債です。ETFの株価推移も債券らしく非常に安定しています。価格の値動きにビクビクせずに、まったりと分配金を受け取りたい方には最適なETFなのではないでしょうか。

■株式ETFと比べても価格推移は非常に安定的
BND価格株式比較.png
※yahoo financeより引用

上のチャートは2007年4月から2016年1月までの価格変動推移です。アメリカ株価の代表的指数であるS&P500BNDを比較してみました。リーマンショック時の価格変動を見てみると、債券ETFがいかに安定した価格を保っていたかがわかっていただけるかと思います。約2.5%の利回りを有しており、分配金狙いの投資にもうってつけのETFと言えるでしょう。

自動更新チャート
BNDチャート(現在値)

BNDチャート(過去1週間)

BNDチャート(過去3カ月間)

※上記チャートはyahoo financeより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【VT】世界中の株式にまるごと投資 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF [ETF一覧]

■世界の47ヶ国もの株式市場に丸ごと投資、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】
インデックス投資をしているという人なら、本ETFを耳にしたことがあるのではないでしょうか。バンガード・トータル・ワールド・ストックETFは、アメリカを中心に先進国、新興国の大・中・小型株に投資するETFとなっています。このETF一つで世界の投資可能な市場時価総額の98%以上に投資しており、まさに「地球に丸ごと投資する。」を体現したETFと言えるでしょう。
株式ETFの銘柄選択に迷ったなら、とりあえずVT一本でも十分なのではないでしょうか。VTのみで世界中の株式に投資しているわけですからね。年率0.17%というコストの低さも魅力の一つです。

■基本情報
ティッカーコードVT
運用会社バンガード
設定日2008/06/24
分配月3,6,9,12月
分配利回り約2.5%
保有銘柄数約8,000
投資対象国47ヶ国(アメリカ、イギリス、日本、スイス、フランス、オーストラリア等)
信託報酬等含むコスト0.17%(年率)コストはやや低め


■地域配分の56%が北米
地域割合(%)
北米56.54
ヨーロッパ23.72
日本8.52
アジア(除く日本)7.74
オセアニア2.32
ラテンアメリカ1.16

VT対象地域.png

北米を中心に、各地域に分散投資がなされています。ヨーロッパの割合も23%と比較的高めです。どちらかというと先進国の割合が高めのETFです。この地域配分の割合が気に入らない方は、アメリカ株式全体に投資するVTIやヨーロッパ株式に投資するVGK、新興国株式に投資するVWO等のETFを組み合わせて、自分好みのポートフォリオを組んでみるのも良いでしょう。

■徹底した世界分散投資でも、暴落時には約50%も下落
VTチャート.png
※yahoo financeより引用

上のチャートは、2008年6月から2016年1月までのVTのチャートです。リーマンショック発生時のチャートを青枠で囲みましたが、当時の下落がいかにすさまじかったかを思わされます。約50$の株価だったVTは最低26$
まで落ち込みました。いかに地域分散、銘柄分散をしていようとも、リーマンショックのような金融危機発生時には暴落を免れることはできないようです。VTに投資する場合は、そのことを頭の片隅に置いておきたいものです。

自動更新チャート
VTチャート(現在値)

VTチャート(過去1週間)

VTチャート(過去3カ月間)

※上記チャートはyahoo financeより引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ETF一覧 ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 本ブログのテキスト・画像等の無断使用を禁じます。また、管理人は本ブログの情報利用に対する一切の責任を負いません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。