So-net無料ブログ作成
検索選択

日本人の多くが株に否定的なのは、きっと日本株がしょうもないから [投資雑記]

日本人が株に否定的なのは、おそらくはバブル崩壊の後遺症なのだと思います。
日本人は、株といえば日経平均を思い浮かべるのでしょう。

そして日経平均のチャートを見てみると、株式投資をする気にはならないかもしれません。

NIKKEI.png
※yahoo financeより引用

チャートは1984年1月から2016年2月までの日経平均チャートです。
1989年12月29日に3万8915円の最高値をつけてから、その株価を上回ったことがありません。

■日本とアメリカのチャートを比較してみると・・・

日本とアメリカ、あなたはどちらに投資したいですか?
日本人であれば日本と答えたいところです。
しかし下のチャートを見ると少し考えが変わるかもしれません。

日経vsS&P.png
※yahoo financeより引用

1984年1月から2016年2月まで、日経平均とアメリカの代表的株価指数であるS&P500との比較チャートです。
赤線:日経平均
緑線:S&P500

1984年1月から約32年間で、
日経平均からは56%しかリターンを得れませんが、
S&P500からはなんと驚異の1121%のリターンです。約32年間で12倍にも資産が膨れ上がったことになります

暴落といえるような局面もありましたが、その暴落を乗り越えていけるだけの強さがアメリカ株にはあります。
(アメリカ株の素晴らしさは、こちらの記事)
日本とは比べるまでもないぐらい、アメリカ経済のパフォーマンスが素晴らしいんです。
そして、日本の経済がほとんど成長していないということがわかります。

日本人が株式投資に否定的なのはしょうがないのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 本ブログのテキスト・画像等の無断使用を禁じます。また、管理人は本ブログの情報利用に対する一切の責任を負いません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。