So-net無料ブログ作成
検索選択

資産運用は雪ダルマのごとし [投資雑記]

■雪ダルマは大きくなるほど雪を引き付けてくる

s-yukidaruma004.jpg

雪国育ちの管理人は子供のころ、毎年のように雪ダルマを作りました。雪ダルマを作るのと資産運用は似ているなぁと思います。

雪ダルマを作るには、まずは小さい雪のかたまりを丸めて、それを雪面で転がします。そうすると、雪が雪をくっつけていって、それがどんどん巨大な雪ダルマになっていきます。

巨大になればなるほど、より多くの雪が雪ダルマにくっつこうとします。

■雪だるまを資産運用に置き換えると・・・
巨大な雪だるまはより多くの雪を引き付ける、資産運用に通じるものがあると感じます。株や債券は多く持てば持つほど、配当金によるお金を引き付けることでしょう。そして、そのお金で株や債券をさらに買うことができ、より多くお金が集まる仕組みができます。

■現金で雪ダルマを大きくすることはできない。

資産運用は雪ダルマのようだと言いました。
ではその雪ダルマを大きくするには一生懸命働いてお金を貯めればいいのでしょうか?

多分、いくら貯金を頑張っても平均的なサラリーマンの年収では雪ダルマを大きくする前に定年退職を迎えてしまいます。日本での低利率は知ってのとおりで、雪ダルマにくっつく雪はわずかです。現金で雪ダルマを大きくするのは現実的ではないのです。

2016年2月16日からは日本でもついにマイナス金利が導入されてしまいました。
金利の恩恵を受けることは、日本ではもう無理でしょう。

雪ダルマをより早く大きくするには、株式への投資が最も効率的なのではないでしょうか。
うまくいけば株式価値の向上も期待ができ、4%、5%の配当を出す株式銘柄もたくさんあります。

日本の預金金利からすればこんな夢のような高利率が実現できるのは、株式資産以外に管理人は知りません。(もちろん不動産で高利率を狙う人もたくさんいるようですが・・)

株式投資こそが、大きな雪ダルマへの近道なのでしょう。
管理人も早く大きな雪ダルマを作ってみたいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 本ブログのテキスト・画像等の無断使用を禁じます。また、管理人は本ブログの情報利用に対する一切の責任を負いません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。